FC2ブログ
ヨット・ボート保管、レンタルボート、メンテナンス、販売を行っているビーチバムのブログです。日常の海の風景やお客様の釣りの釣果などを、神奈川県三浦市三戸浜、相模湾からの発信!

ボートショー 2015

今日の相模湾三戸浜は、朝から薄曇りと言った感じで、
少々、肌寒さを感じる午前中でした。
先程から、陽射しが差し込んできましたが、
同時に、北風も吹いてきたようで、寒さはあまり変わりません。
海況は、昨日までは大きなうねりも入っていましたが、
現在は、沖合がちょっと厳しそうな感じはありますが、
うねりは無くなりました。

さて、昨日より、横浜のパシフィコ横浜にて、
インターナショナル・ボートショーが開催されております!
今年、大きな変化がありましたね。
それは、日産のボート事業からの撤退・・・。
これまで、長らく日本のボート業界を支えてきた企業だけに、
やはり、寂しいニュースではあります。
今回のボートショーも、日産のブースはありませんでした。
サンキャット、好きだったんですけどね~。

そんな寂しいニュースもありましたが、
今回は、お目当てのモノもありました。
その辺も含め、軽くリポートでも。
ネタバレっぽいものも含みますので、
「自分で見るまで何も知りたくない!」と言う方は、
この先は、読まないで下さいね(笑)
初日とあって、平日だったこともあり、
お客さんは、ちょっと疎らと言った印象でした。
この辺は例年通りですかね~(笑)
会場に入ると、直ぐ右手に、スモールボートのコーナー、
ちょっと進んで、インフレータブルボートのコーナーといった感じ。
DSCF3622.jpg
ここで早速、お目当ての1艇を発見致しました!
が、これは後ほど、ゆっくりと♪
一番奥まで進むと、大きなメーカーさんのブースが居並んでおります。
端から、スズキ・トーハツ・トヨタ・ヤンマー・ヤマハ、だったでしょうかね。
DSCF3630.jpg
ここはヤマハのブース。
大きなボートが鎮座しておりました。
・・・、まぁ、正直なところ、この辺の大きなボートは、
私のテリトリーではありませんので、さっと見て素通りです(笑)
あ、もちろん、販売は出来ますので、ご用命はご遠慮なく!w
ヤマハのブースの中には、新たな20ft艇もありました。
それが、FR-20と言う艇体。
DSCF3635.jpg
かの名艇、FR-17の後継艇、発展艇とでも言いましょうかね。
今回はハードトップ仕様です。
雨・風を凌ぐには、ハードトップは嬉しいですよね~。
20ftなので、バムにも置ける大きさなんですが、
ハードトップであるが故、少々、重たい・・・。
残念ながら、1t超えでした。
もうちょっと軽ければなぁ~。

そうえいば、ですね、
今回のボートショーには、「高級車」が何故か沢山ありました!
スズキブースの前には、アウディのブースが。
そして、ヤマハブースの前には、マクラーレンとロータス!
DSCF3631.jpg
写真は、マクラーレンですw
いや~、格好いいですけどね、値段を見ると、
目ん玉、ぶっ飛びます!
車といえば、トーハツのブースには、こんな車も。
DSCF3623.jpg
水陸両用車だそうです!
ちゃんと、プロペラも付いてます。
DSCF3624.jpg
最大傾斜40度まで行けるらしいので、
バムのスロープでも使えるかも!?(笑)
ついでにですね、こんな車もありました。
DSCF3629.jpg
どど~~~~~ん!!!
ロールスロイス 1台!!!
何故、ボートショーの会場にロールスロイスが!?(笑)
ちなみにお値段は・・・、会場でご確認下さいw
ロールスロイスの裏には、フェラーリがありましたね。
誰がお買いになるのでしょうか!?

さて、車の話が続いてしまったので、本題に戻りましょう。
今回、実物を見てみたかったものの1つが、
HONDEXから発売されるソナーです!
ソナーというと、大間のマグロ漁船のイメージですが、
ようやく、小型プレジャー用にも開発されてきたようです。
DSCF3626.jpg
これがそのソナーなんですが、全周囲の探索が可能!
振動子は、手動による作業で、収納したり、出したりするようです。
一番左のは、電動かも知れません。
釣行の新たなツールとして、これから流行るかも知れませんね!
ただ、誰にでもボンボン売ります!って商品では無いそうなので、
ご検討の際は、ご相談下さい。

会場をぐるりと見て回っていると、昨今流行りのホバーボードの類も、
幾つか展示されていました。
GOOGLEのコマーシャルや最新マリンアクティビティとして、
注目度も高いですね。
実のところ、写真は撮り忘れました!(笑)
その中の1つに、自走式のウェイクボードのようなものがありました。
DSCF3633.jpg
ぱっと見、ウェイクボードより一回り位大きくて、
サーフボードやウィンドのボード位の厚みがあります。
秘密は、この厚みに隠されていて、
このボート、エンジンが積んであるのです!
なので、自走式(笑)
エンジンが付いていますので、当然、免許は必要です。
釣りには向きませんが、ちょっと面白そうですね!

さて、最初に飛ばしてしまいましたが、
今回、見る事が目的だったボートがあります。
それが、バスボートで有名なKISAKAさんから発売されている、
「SEA ANGLER460」と言うボートです。
DSCF3619.jpg
DSCF3621.jpg
460と言う事で、大きさは460cm。
おおよそ、15ftちょっとの艇長ですが、
幅が200cmあり、深さが98cmもあります!
なので、15ftとしては、ドシっとしており、安定感はありそう。
何よりの特徴は、艇体がFRPではなく、アルミと言う事。
海水用の特殊なアルミだそうなので、昔のアルミボートのように、
腐ってしまうと言う心配は、無いそうです。
また、搭載されるエンジンは、マーキュリー固定。
(KISAKAさんがマーキュリーの国内代理店の為)
40馬力仕様、60馬力仕様と2タイプあります。
ただ、もしご購入されるのであれば、私は60馬力仕様を推します!
と言うのも、40馬力仕様が、215万(税抜)なのに対し、
60馬力仕様は、225万(同)、たった、10万円の差しかありません。
とは言え、10万の差はデカイよ!?と言う方もいらっしゃると思いますが、
最大の決め手は、40馬力仕様は、ケーブルステアリングなのに対し、
60馬力仕様は、油圧ステアリング!
油圧だけでも、10万は軽くしますので、その点を加味しても、
ただで、エンジンが20馬力もUPすると考えると、
やはり、60馬力仕様の方がかなりお得感がありますね。
ちなみに、燃料タンクは、船底に備え付けの50Lだそうです。
船底に備えることによって、安定感の増幅が期待できますね。
諸元表は、こんな感じ。
DSCF3618.jpg
そもそも、何故、このボートに注目していたかと言いますと、
最近、センターコンソール艇の20ft以下のボートって、
あまり無いですよね。
バムのメンバーさんのような近場での釣りが主目的なら、
このくらいのサイズでも、十分楽しめるとお思いますし、
舷が高いので、ジギングやエギングを楽しむ方には、
膝上まで舷があるので、安全性も確保できる。
そして、オーバーパワーかと思わせる程の大きなエンジンが
搭載出来るのも、普段の走りはもちろん、
いざという時には、役に立つだろうと、考えていました。
このボートがまだプロトタイプの頃、一度、試乗会に行きまして、
メーカーの方とも色々お話させて頂きました。
プロトタイプから少々の仕様変更もありましたが、
素直に良いボート、楽しいボートだと思います。
もう1点、昨今、「これがなければ始まらない!」とも言われる、
ミンコタですが、それの取付ベースが、予め備わっております♪
意外と取り付け場所に苦労するミンコタなので、
これは嬉しい仕様ですww
船内の写真は撮りそびれてしまいましたが、
デッキもアルミの波板で出来ております。
なので、コマセ使い放題!魚の血、上等!
水でささっと洗い流せますよ(笑)
価格に関しても、トレーラーが必要なければ、その分、
お安くなるそうです♪
ご相談は、お気軽に~~!(笑)

と言う事で、本当に軽~くでしたが、
今回のボートショーは、こんな感じでした。
日産が無くなってしまった、
何故か、高級車の展示が一杯等、
妙な寂しさも感じましたが、楽しめる方は
楽しめると思います。
今週末も天気が悪そうなので、もし、お時間の有る方が
いらっしゃいましたら、ぜひ、楽しんできて下さい。

大屋さん、次はバムでお会いしましょう♪(笑)


Liquid Sports Specialists BEACH-BUM シークラブ
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダイ

Author:ダイ
当ブログヘようこそ!!綺麗な海の景色と、ボート、釣果などを紹介していきます。コメントもお気軽に!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ピックアップお勧めリンク
メンバーページへ戻る
ウェザーニュース 三戸浜
蛸部屋へようこそ(蛸仙人さんのブログ)
サウスウィンド(カヤックショップ)
釣具店 たけしちゃん
快釣丸で行く海のボート釣り (ちょんまげさんのHP)
ミニボートマリーナ(シモさんのHP)
ビーチバムダイビングサービス
ARCH ANGEL
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り