FC2ブログ
ヨット・ボート保管、レンタルボート、メンテナンス、販売を行っているビーチバムのブログです。日常の海の風景やお客様の釣りの釣果などを、神奈川県三浦市三戸浜、相模湾からの発信!

夏なので

今日の相模湾三戸浜は、連日の猛暑の例に漏れず、
強烈な暑さの1日となりました。。。
7月って、こんなに暑かったでしたっけ???
海況はというと、朝から南寄りの風が吹いており、
風波がバシャバシャ。
午後になると、うねりもちょっと入ってきましたね。
現在も、風は吹き続けており、かなり厳しい海況です。

さて、そんな訳で本日はボートの出艇なし。
残念ながら、釣果報告はありません。
ウィンドの皆さんは、一時、風が落ちてしまい、
あちゃーっ。。。
な感じでしたが、陽が傾くにつれて、風も復活!
夕方まで楽しめた1日となりました。
明日は、波乗りSUPデーですかね?(笑)

さて、ここのところ、重苦しい話題?も多かったので、
今日は、軽く行きたいと思います♪
夏と言う事で、我が家で起こる怪奇現象の話です。
この話、現在も継続中のため、オチはありません。
そして、実話です。

かなり前に、我が家のお風呂の天井の点検口が
勝手に開いていた!って記事を書いた記憶があります。
2012年8月14日の「雨の盆」と言う記事でした。
今も同じ家に住んでいるのですが、記事を見返してみて、
そんな事もあったなぁ~って感じなので、
それ以降、同じ現象は起こっていません。
つまるところ、マジで泥棒だったのか!?(笑)

で、今回はこれとは似て異なる現象のお話。
我が家、築40年ほどの古い一軒家です。
昔の造りで、1階にはリビングとダイニングと六畳の和室が一つ。
2階には、洋室2部屋と和室が1つ。
2人暮らしなのに、部屋だけは一杯あります(笑)
基本的に、1階で事が足りるので、2階は殆ど物置状態です。
その2階の一部屋、8畳程の洋室の押し入れが問題の場所。
この押し入れの天井に60cm角くらいで、板が外せる場所が
あるのです。
行こうと思えば、屋根裏に抜けられると言った感じでしょうかね?
もしかしたら、本当に屋根裏へ登る為の点検口のようなものかも
知れません。
で、これが勝手に開くんです・・・。
お風呂の点検口と違って、比較的軽い蓋なんですけど、
溝があって、うまい具合にパタッとハマるようにはなっています。
なので、風等で開く事もなく、開けようと意識しないと開きません。

最初に開いている事に気付いたのは、この家を拝借する前の内覧の時。
その時に、不動産屋さんに「開いてますよ~、2階に誰か住んでたりして」
なんて、冗談を言ったのを覚えています。
その際、不動産屋さんが「なんで開いたんだろう???」なんて
言いながら締めてくれました。
そして、住み始めて、そんな事は記憶の奥底になっていたんですが、
ある時、わんこが天井を見ながら、猛烈に吠えたんです。
それで、何かあるのかな~?なんて2階を見に行って、
見回っている最中に、その蓋が開いている事に気付きました。
そんな事もあり、なんとなく気になる場所なので、
時折、覗くようにしました。
閉まっている時が殆どではあるんですが、
年に数回、開いてるんですよね・・・。
かれこれ、10回以上は閉めていると思います。
開いていれば、もちろん、その時に閉めます。

それで、つい2週間程前の事です。
妻が2階の掃除をしていた時に、気になって押入れを覗いてみたそうです。
すると、やはり、開いてる。
わんこが天井に向かって吠える現象も時折あって、
今回もその直前にわんこが吠えていたのだそうです。
これはいよいよ怪しい・・・。
でも、流石に覗き込む勇気はなかったそうで、
私の帰りを待っていた!との事。
着替える間もなく、懐中電灯片手に、現場へと急かされました。
そして、蓋を開けて中を覗け!との至上命題を賜った訳です。。。
まぁ、幽霊やおばけには、さほど怖さは感じないんですけど、
見知らぬ人が居たら、怖いじゃないですか(笑)
それでも、我が家での妻の一声は王様ゲームの王様の命令と
同じものですので、私に拒否権はありません。
なので、覗いたわけです・・・。
人が居ると怖いので、取り敢えず、武器にとハエたたきを右手に、
懐中電灯を左手に携え、
念の為、「誰かいますか~?怒らないから出ておいで~!」と、
声を掛けてみました。
・・・・、反応なし。
まぁ、そりゃそうだ。応えがあっても怖い。。。
ならば、いざ、参らん!!
脚立を立てて、押入れの蓋を思い切って開けてみました。
そして、中を覗きました!
すると・・・・、
・・・・、
・・・・、
誰も居ません。。。
もちろん、誰かが生活をしているような痕跡もありません(笑)
ホッとしながら、「誰も居ないな~、やっぱり、風じゃない?」と、
報告をしたんですが、「もっとよく見ろ!」とのさらなる司令・・・。
仕方なく、よくよく、ライトで照らしながら、見回してみました。
そこで、発見してしまったんです・・・。
見てはいけなくはないけど、出来れば見たくないもの・・・。
天井裏も多少の仕切りや木材が立て込んでいましたが、
ほぼほぼ、全てを見回せました。
すると、対角線上となる場所とでも言うんですかね?
私が覗いている穴と正反対の位置の一角に、
ちょこっとだけ、こんもりとした何かがありました。
高さで言うと、5~6cm?
最初に持っていた懐中電灯が小さめのものだったので、
「もうちょっと大きいのを持ってきて・・・下さい」と
丁寧に妻に頼み、もう少し大きな懐中電灯を持ってきて貰いました。
流石に屋根裏に上がれませんし、5mくらいは先のもの、
辺りは夜でかなり暗い状況の中、懐中電灯の明かり一つでの
確認なので、断言は出来ないのですが、どうも、盛り塩っぽい。。。
いや、オガ屑かも知れませんけど。。。
「あら?なんか、盛り塩っぽいのがあるよ!?」と、
報告すると、次の妻の行動が面白かった!
おもむろに1階に降りたかと思うと、扇風機を抱えて戻ってきました。
「一旦、そこ閉めて!」と言う事で、私は脚立を降り、
例の蓋を閉めた状態に戻しました。
「扇風機であの蓋が動くかやってみて!」と。。。
つまり、風で開くものなのか、検証をしようと言う事でした。
確かにそれは面白い♪と言う事で、
今度は扇風機を抱えて押し入れへ。
結果、カタカタと蓋は動くのですが、いつも外れているような
位置まで持っていこうとすると、かなり強い設定の風でないと、
動きませんでした。
仮に隙間風か何かで動くのかと問われれば、
答えは、もっと強烈な風が必要、となります。
言うなれば、TMレボリューション並の強風でないと、
蓋は動かなかったんです・・・。

さて、では何故、この蓋は開いてしまうのでしょうか?
明確な答えは未だに判りません。
でもね、やっぱり、開くんですよ、この蓋。
結局、扇風機テストの後、気持ち悪いと言う事で、
「じゃぁ、この蓋を開かなくしてしまおう!」と言う
結論に達しました。
木工用ボンドが無かったので、多目的ボンドを縁に塗って、
更に、ガムテープで4方をビーっと止めてやりました。
作業した次の日には、固まっているのを確認したので、
これでもう開くまい・・・、開かずの蓋じゃ~!と、
思ったわけなんですが・・・、
しかし、その2日後、また蓋は開いていたのです。。。
テープはてろてろになって垂れ下がっており、
ボンドは固まっていましたけど、ほぼ塗った時の
ような状態。
やはり、何らかの力を込めない限り、開くはずがないっ!!
と、思ってるんですけどね~。
今度の休みに、釘で止めてやろうかと思います(笑)
それで外れたら・・・!?ちょっと怖いかな。。。
世の中、不思議な事があるもんです。
わんこが何もない所を一点に見ながら、
わんわんと吠えるのって、何なんでしょうね?
何気にあれも、怖いww
何か新事実がわかったら、また報告します♪

信じるか信じないかは・・・、アナタ次第!!(笑)

さて、夕方になっても思いの外、風が落ちませんね。
波気も風浪ですが、結構あります。
明日もやはり厳しいでしょうかね~。。。



コメント
No title
座敷童です!!(^^♪
2018/07/22(日) 16:45 | URL | michinaga #-[ コメントの編集]
Re: No title
そういえば、座敷童子が出没する旅館で、火事で焼失しちゃったんですよね。
それで我が家に引っ越してきたって事なら、辻褄があいます!
その説、有りますね!!・・・・ないか(笑)
2018/07/22(日) 17:19 | URL | ダイ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダイ

Author:ダイ
当ブログヘようこそ!!綺麗な海の景色と、ボート、釣果などを紹介していきます。コメントもお気軽に!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ピックアップお勧めリンク
メンバーページへ戻る
ウェザーニュース 三戸浜
蛸部屋へようこそ(蛸仙人さんのブログ)
サウスウィンド(カヤックショップ)
釣具店 たけしちゃん
快釣丸で行く海のボート釣り (ちょんまげさんのHP)
ミニボートマリーナ(シモさんのHP)
ビーチバムダイビングサービス
ARCH ANGEL
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り