FC2ブログ
ヨット・ボート保管、レンタルボート、メンテナンス、販売を行っているビーチバムのブログです。日常の海の風景やお客様の釣りの釣果などを、神奈川県三浦市三戸浜、相模湾からの発信!

緊急時のご対応について

今日の相模湾三戸浜は、朝から北風が強めに吹き付けており、
沖は白波一色の状況。
午後になっても白波は見えていましたが、夕方近くになり、
漸く、落ち着きました。

昨日、書いてしまいましたが、本日はご出艇無し。
と言う事で、釣果も無し。

さて、本日はタイトルの通りです。
つい先日、海保事案があり、「どうすれば良かったんでしょう?」
と言うご質問も頂きましたので、記載したいと思います。

「緊急時」と言う状況にも、色々なケースが考えられ、
その状況により、対応の仕方が変わる、と言うのはお判りになると思います。
大きく分けて、2つのパターンを想定します。

1つ目は、命に関わる事案
2つ目は、喫緊ではあるが、命には関わらない事案

また、この2つの中でも細分化されて行きますので、
全ては書ききれないのですが、粗方のご説明と言う事で、
実際に事案が置きた場合は、ケースバイケースである事は、
ご理解下さい。

1つ目:命に関わる事案
例えば、「時化の中で転覆をした」と言う場合、
「同乗者が落水して姿が見えない」なんて場合、
これは迷わず、118に連絡して下さい。
携帯電話が使えれば、と言う条件はありますが、
何よりも人命優先ですし、海保は人命救助のエキスパートです。
大怪我をして、とても操船が出来る状態じゃ無い、
と言う場合も、迷わず118です。

2つ目:喫緊ではあるが、命には関わらない事案
主に、機関故障により、自走が不可能になった場合です。
もちろん、海況や今後の海況予測と言う事も加味されますが、
このような場合で、乗船者には何の問題も無い場合は、
一先ず、マリーナに連絡を下さい。
マリーナのレスキュー艇で対応出来る限りは、
(二次災害の危険性等が低い場合)
極力、対応致します。
この場合、行って欲しい事は3つあります。
1つ目は、まずは、落ち着くこと。
トラブルが起こるといろいろな事を想像しちゃいます。
ですが、船長さんが取り乱してしまうと、
同乗者も動揺しますし、こちらの質問にも支離滅裂な
回答がなされ、上手く情報が伝わらない事もあります。
なので、レスキューが必要な場合でも、
「釣りして待ってよー」くらいの感覚で、落ち着いて下さい。
2つ目は、なるべくその場に停船して欲しいと言う事。
アンカーが利く場所であれば、アンカーリングを。
アンカーが届かない場合は、ミンコタで対応して下さい。
アンカーも利かず、ミンコタも無い場合は、
何処に居て、どちら方面に流されているかをお知らせ下さい。
3つ目は、自船の位置をお知らせ下さい、と言う事。
概ね、どの辺に居るかと言うのは、よほど遠くに行っていない限り、
把握されていると思います。
なので、どちら方面に行かれて、沖合何キロくらいにいるのか、
可能であれば、GPSの緯度・経度をお知らせ下さい。
GPSもなく、自分が何処に居るのかも判らない場合、
周りの状況を出来る限り、お知らせ下さい。
陸地に見える物、
大型クルーザーヨット等の帆の色、
灯台の位置等々、
小さな情報でも判れば、大きな手がかりとなります。
東京湾・相模湾であれば、多少なりとも陸地は見えます。
自船がどちらの方角を向いていて、どの方向に何が見えるか、
教えて下さい。
出艇前に、その日の行き先をマグネットで貼って頂いたり、
出艇票に行動範囲を記載して頂きますが、
これは、万が一の場合、どの辺にいらっしゃるのかを
大凡ではありますが、把握しておく為でもありますので、
今後もお忘れなく、貼付・記載をお願い致します。
どの様な場合でも、スタッフ側で対応が不可能だと判断した場合は、
118に連絡をします。

上記はどちらともあくまで一例ではありますが、
船外機も機械ですので、ある日、突然壊れます。
予測していなかった怪我や病気の発病等、
いろいろなトラブルは、突然、起こりえます。
機械に関しては、日頃のメンテナンスと言うのも、
重要になって来ますね。
何かが起きてしまった場合、パニックになってしまうのは、
誰でもあり得ます。
私でも、突然エンジンが止まったら、漂流してしまうのでは無いか、
なんて、心配になる事もあります。
しかし、そんな時だからこそ、平静を装って、
ご自身の置かれた状況を今一度鑑みて見ましょう。

118に連絡するのが、悪いとか駄目と言っている訳ではありません。
本人にとっては、一大事ですからね。
ただ、118は、最終手段でもあります。
昨今、119番をタクシー代わりに使うとか緊急性も無いのに
呼んでしまうと言うのも、社会問題の一つとして言われています。
それは、118に於いても同じ事です。
特に、118の場合は、救急車に比べると、
現場対応出来るボートの数は極端に少ないです。
なので、不要不急の場合は、一先ず、マリーナに連絡を下さい。
命の危険を感じる場合は、迷いなく118です。

なお、118に連絡をし、保安庁が受理した場合、
後ほど、事情聴取やら場合により現場検証やら、
結構、面倒くさい事が待っております。

それと、ついでなんで書いておきますが、
怪我をしてしまった場合。
救急車が必要な程の怪我の場合は、
近くの港へ救急車を呼びましょう。
バムが近ければ、バムへ!
その他のマリーナでも港でも、上陸出来る場所、
と言うのが基本です。

最後にもう一度書きますが、
118に連絡するのが、悪い・駄目と言う事ではありません。
守るべきは、人命です。ボートが壊れても、人命最優先です。
その上で、118は最終手段です。
起こった事案の緊急性により、判断をして下さい。
機械のトラブルであれば、マリーナへの電話で、
解決する事も多々あります。
また、118に連絡をした場合、
事後報告で結構ですので、その旨、マリーナにも
お伝え下さい。
恐らく、海上保安庁の人に、
「何処から出航しましたか?」と聞かれますので、
「ビーチバムです」とお答え下さい。
そうすると、保安庁からマリーナにも、
◯◯さんから入電がありました、と言う報告はあります。

何卒、ご理解頂いた上、海をお楽しみ下さい。
こんな場合は?
と言う事がありましたら、スタッフまでお問い合わせ下さい。



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ダイ

Author:ダイ
当ブログヘようこそ!!綺麗な海の景色と、ボート、釣果などを紹介していきます。コメントもお気軽に!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ピックアップお勧めリンク
メンバーページへ戻る
ウェザーニュース 三戸浜
蛸部屋へようこそ(蛸仙人さんのブログ)
サウスウィンド(カヤックショップ)
釣具店 たけしちゃん
快釣丸で行く海のボート釣り (ちょんまげさんのHP)
ミニボートマリーナ(シモさんのHP)
ビーチバムダイビングサービス
ARCH ANGEL
ブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り